去る11月1日(金)、当山正圓寺における「報恩講」が厳修されました。

午後の部である、結願日中をご報告いたします。

変則ではありますが、拙寺住職による「表白」にて、この度の「報恩講」の想いや誓いを述べさせていただきました。

道俗(僧侶もご門徒)共々に

「如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし 師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし」(『恩徳讃』)と、

それぞれの「信心」を確かめ合いました。

そして、結願日中のご法話の講師は、越本 達了氏(東成区・専光寺ご住職)によってご教導されました。

「呼びかけを聞く! “浄土を真の宗としていきよ”」という講題のもと、ご法話をいただきました。

狭い参詣席を埋め尽くすご門徒を前に、浄土を真実なる依りどころとする生活の大切さを

笑いを織り交ぜ、脱線しつつも(笑)、熱く「真宗」を語っていただきました。

講師のご法話に小生も感動しながら、「報恩講」の大切な意義を改めて確認させていただきました。

本当に講師との出遇いとご縁の不思議さを実感しながら、本年度の「報恩講」を無事に終えることができました。

おみがきや準備やお給仕等、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

またお忙しい中、ご参詣いただきましたご門徒の皆さま、ありがとうございました。

来年度の「報恩講」に向け、新たな歩みを始めて参りますので、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

正圓寺 住職 藤岡照也

 《講師:越本 達了氏》

IMG_1018 IMG_1016

 

 


去る11月1日(金)、当山正圓寺における宗祖・親鸞聖人「報恩講」が厳修されました。

秋らしい風が香る中、午前・午後共に、多くのご門徒のご参詣を賜りました。

先ずは、結願逮夜である午前の部から、ご報告いたします。

声高らかに『正信偈』をお勤めさせていただき、午前のご法話をいただきました。

午前中のご法話は、義弟にあたる新保 宗証(北海道苫小牧市・不退寺副住職)氏でした。

緊張の中、仏・法・僧の「三帰依」を大切にする意義を中心にお話しいただきました。

法話後、ご門徒による手作りのお斎(とき)である一汁三菜を美味しくいただきました。

食前のことば「み光のもと われ今さいわいに この浄き食をうく いただきます」

皆で唱和し、座談を交え、報恩講の醍醐味をしっかりと味わいました。

食後のことば「われ今 この浄き食を終わりて 心ゆたかに力身にみつ ごちそうさま」

 《新保 宗証氏》     《御絵伝前 佛華》

IMG_0978 IMG_1037