光寿無量

あけましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて年も新たまり、さらに聞法精進の一年の始まりとなります。

本年初めての定例聞法会が、1月18日日曜日の午後2時より行われます。

先ず「正信偈」を共に唱和し、『正信念仏偈』の内容を

出来る限り分かり易く伝え、共に学んでいますので、お気軽にご参加ください。

蓮如上人(本願寺第8代門首)は、「わかきとき、仏法はたしなめ」(『御一代記聞書』)と教えてくださっています。

仏法聴聞するとは、自己を明らかにするということです。

つまり今の生き方に胡坐をかくのではなく、つねに道を求め問いをもつ生き方をしなさいと伝えています。

仏法は、わが人生をどのように生きるのかという問いに始まり、安住する座から立たしめるはたらきなのです。

だから一生、仏法にわが身を聞き続ける姿勢が問われているのだと思います。

ぜひご本尊の前に身を据え、共に「お念仏の教え」を味わっていきたいを思います。

住職 合掌