永代経法要 厳修!!

2015年5月25日

IMG_2666 去る5月18日(月)午後2時より、本年度の「永代経法要」が勤まりました。

雨の予報であり、天候を心配いたしましたが、何とか持ちこたえ、多くのご門徒の方々にご参詣を賜りました。

法要に於いては、『仏説阿弥陀経』の読誦、『正信偈』の唱和をお勤めしました。

お付き合いの法中の力添えを賜り、丁重なるお荘厳をしていただきました。

ご法話は、昨年に引き続き、大橋恵真氏(柏原市・遠慶寺ご住職)からのご法話を頂戴いたしました。

「帰命」とは、「南無」とは、一体どの様なことであろうかと、丁寧にひも解いていただき、

「居場所」ということを課題にいただきました。

私にとって本当の「居場所」とは何であろうか?

私が私のままに、迷いながらも安心して歩んでいける道を、今ここに賜っているのではないでしょうか?

どの様な者であっても、決して「嫌わず、選ばず、見捨てず」という

阿弥陀さまからの「摂取不捨の利益」をどのように受け止めていくのか?

お寺に身を運び、一人ひとりが「念仏の教え」を通して、「親鸞聖人のお言葉」と出遇い、

そして自己と向き合い、いかに自己と出遇っていくのか大きな課題である。

その「場」と「時」を担っているお寺の存在意義ということを、深く考えさせられた「永代経法要」となりました。

お多用の中、本堂にご参詣を賜り、また多くの「御懇志」を賜り、誠にありがとうございました。

本年も、『宗祖としての親鸞聖人に遇う』ということを念頭に、聴聞を重ねていきたいと思います。

合掌


IMG_1597 来る平成27年5月18日(月)午後2時より、

今年度の「永代経法要」が正圓寺本堂にて勤まります。

この「永代経法要」とは、宗祖である親鸞聖人が顕かにされた

「本願念仏」の教えを聞き開き、

その教えを宗として、代々受け継ぎ相続していく大切な「御仏事」なのです。

そして今、大切な亡き人を「諸仏」と仰ぎ、苦悩の身を生きる私たちが、

遇い難き仏法に出遇う「仏縁」を深く深く願われているのです。

昨年度に引き続き、大橋恵真氏(柏原市・遠慶寺ご住職)をお迎えして、ご法話を頂戴いたします。

つきましては、時節柄、何かとご多用とは存じますが、

本堂にご参詣・ご聴聞いただきますようお願い申し上げます。

住職 合掌


IMG_2228来たる5月18日(月)に厳修される「永代経法要」を迎えるにあたり、

本堂の仏具のお磨き並びに本堂の清掃奉仕を行いたいと存じます。

仏具磨きを通して、わが心も磨き、、仏さまにお給仕するお心を大切にしていただき、

心新たに「永代経法要」をお迎えしたいと思います。

お時間のある方は、ぜひご協力をいただきますようお願い申し上げます。

お持ちいただく物は、新聞紙・軍手・タオル・歯ブラシ・前掛けとなります。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

住職 合掌