念珠(ねんじゅ)は数珠(じゅず)ともいい、仏前で合掌礼拝する時には、必ず欠かせないものです。

念珠を持たないでは「仏をば手づかみにこそせられたり。親鸞聖人、まったく、念珠をすてて仏をおがめとおおせられたることなし」と、

蓮如上人は、「真宗門徒」の日々の念仏生活の姿勢を確かめておられます。

 

 そもそも仏事とは、亡き人を偲ぶとともに、それをご縁にして仏法を聴聞して、仏さまに合掌礼拝する「場」であります。

そしてこの合掌は、自ら「三宝(さんぼう・仏・法・僧)」に帰依する心持ちを表現したものであります。ですから、仏事には「念珠」が欠かせないのです。

合掌とはもともと、インドで古くから行なわれてきた礼儀作法で「敬意」を表します。

今日でも、南アジア諸国では人々が出遇った時に、お互いが合掌するのは、私たちの「お辞儀」に相当する礼法として伝わっていきました。

 

 さて合掌の作法ですが、両手を合わせ、念珠を親指と人差し指の間にかけます。

合わせた両手の手首が「みぞおち」の辺りにくるように自然に手を合わせます。

なお、合掌の際、念珠をこすり合わせ音を出すことはしません。

そして指と指の隙間をつくらず、指先を真っ直ぐに伸ばします。合掌の姿を横から見ますと、手の線は、身体の線に対して、おおよそ「四五度の角度」になります。

 

 次に、お参りする時の念珠のかけ方を説明します。一輪(ひとわ)念珠の場合の合掌は、房を下にして、念珠の輪の中に両手を通し、親指で軽く押さえます。

二輪(ふたわ)念珠の場合は、親指のところでふたつの親玉をはさみ、房を左側に下げます。なお、合掌しない時は、念珠を「左手」に持ちます。

以上ご説明したように、念珠は手にかけて合掌するための仏具です。念珠は畳の上に直接置いたりせず、念珠袋などに入れ大切に扱いましょう。

合掌 


来る2月20日(土)午後2時から、本堂にて「こどもの集い(子ども会)」を開催いたします。

みんなで一緒に、ゲームや歌や紙芝居など、お寺の本堂で元気に遊びましょう!

参加費は無料です。記念品・お菓子を贈呈いたします。記念撮影もあります。

ぶっとんくん(大阪教区 ゆるキャラ)も参加で盛り上げてくれます。

親子で、友達同士で、お気楽に本堂にお集まりください。お待ちしております。

 

こどもたちの明るい「未来」のために、本堂を開放して、こどもたちのステキな「笑顔」を待ち望んでおります。

お寺とは、決して仏事だけではなく、老若男女が集い語り合う「交流の場」であります。

たくさんの交流や「笑顔」を通して、「有意義な時間」を過ごし、

「お寺」を身近に感じていただけることを心より願っております。

住職 合掌

f00018f4ba43d47cfc7d


来る2月18日(木)の五語2時より、「同朋の会(聞法会)」が行われます。

先ず「正信偈」を共に唱和し、宗祖のお言葉に触れたいと思います。

次に、日常における「仏事の疑問」などを紹介させていただき、

真宗門徒として、様々な問題をどのように受け止めていけば良いのか、共に考えていきたいと思います。

次に、『まんが 宗祖 親鸞聖人』(難波別院発行)を用い、

今回は、親鸞聖人にとって法然上人との出遇いとはどのような意義を持ったのか?

「ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべし」という教えに出遇ってからの

親鸞聖人を学んで参りたいと思います。

テキストやプリントは、お寺でご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。

住職 合掌