お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、

『盂蘭盆経』というお経に説かれるお釈迦さまの高弟・目蓮(もくれん)尊者の物語に由来するものです。

この盂蘭盆とは、「ウランバナ(梵語・釈迦在世当時の言葉)」を音訳したもので、

「倒懸(とうけん)」と訳されます。非常な苦痛をたとえたものです。

 その『盂蘭盆経』には、目蓮尊者がお釈迦さまの教えにより、

餓鬼道に落ちて苦しむ母を、百味(ひゃくみ)の飲食(おんじき)をもって修行僧たちに供養し、

その功徳によって救われたと説かれています。

 この経説と「先祖の霊が帰る」という日本独自の「民間信仰」が結びつき、

現在のお盆の形が生まれたものと思われます。

十三日には先祖の霊が家に帰り、十六日にはお墓に戻るという考え方です。

その行き帰りの目印として「提灯」が必要となり、「送り火」「迎え火」が行われ、

家庭には「精霊棚(しょうりょうだな)」を設け、先祖の位牌や仏具を置き、

供養の品々を備えるようになりました。つまり、お盆を「先祖供養」の期間として捉えたのです。

 

 それに対して浄土真宗は、仏さまがお墓と家庭を「往復」するという考えをしません

ですから、送り火・迎え火は行わず「提灯」や「精霊棚」も必要ありません。

また先祖の乗り物と言われている馬や牛に見立てた、キュウリやナスの作り物も必要ありません。

 

ご家庭ではお内仏(仏壇)に手を合わせ、

お墓では墓石の正面に記した「南無阿弥陀仏」に手を合わせるだけです。

仏さまに手を合わせるという意味では、家庭でもお墓でも同じことなのです。

 ですから、お盆をお迎えするのは、亡き先祖の霊を救うという「供養」のためではありません。

亡き人を偲び、わが身・わがいのちの尊さを振り返る大切な時といただくべきでしょう

つまり「仏法聴聞」を通して、仏さまの深い恩徳を知り、

諸仏(しょぶつ)である「先祖の願い」をいだき直すのです。〈終〉


来る7月18日(月・海の日)の午後2時より、「同朋の会(聞法会)」を行います。

先ず「正信偈」を共に同朋唱和し、宗祖の「お念仏の教え」をいただきたい思います。

次に、日常における「仏事」に関する問いを通して、

真宗門徒として、どのように受け止めていけば良いのか、共に考えていきたいと思います。

最後に、『まんが 宗祖 親鸞聖人』(難波別院発行)を用い、

今回は、『一念多念は「信行両座」で』という内容に触れ、

吉水時代の親鸞聖人のご生涯に学んで参りたいと思います。

ぜひお気軽にご参加ください。 合掌