去る8月16日(火) 午後2時より、本堂において「お盆追弔法要」並びに「節談説教」が行われました。

お盆のご多用の中、また猛暑の中、多くの方が本堂にご参詣くださり、誠に有り難うございました。

今年は、三世代で、祖父母さんからお孫さんまで幅広くお参りくださり、

賑々しく勤めることができ、大変嬉しく感じました。

小さな手を合わせ合掌する姿に、感動を覚えます。

 

また法要後に、祖父江 佳乃 氏(名古屋市・有隣寺住職)をお迎えし、「節談説教」をいただきました。

節談説教とは、高座での説教を指し、そして節とは言葉の長さ、速さ、間、すべてが「節」となります。

祖父江氏の語りの世界に引き込まれ、如来や浄土の世界、また親鸞聖人の姿を思い浮かべながら、

熱心に耳を傾け、お説教の醍醐味を味わいながら、聴聞させていただきました。

改めて、真宗門徒における「お盆法要」の意義を確かめさせていただきました。

 

真宗のお寺とは、誰しもに開放された場であり、これからも失敗を恐れずに、

様々なことを表現して、「お寺の在り方」を模索していきたいと思います。

また来月の秋の彼岸会法要、そして「報恩講」をお迎えするにあたり、

御門徒皆さまのご尽力・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

住職合掌

IMG_3482IMG_3486


 ~亡き人を案ずる私が 亡き人から案じられている~

来る8月16日(火)午後2時から、大切な亡き人を偲びつつ

「お盆追弔法要 兼 節談説教」を勤修いたします。

また法要後には、祖父江佳乃氏(名古屋教区・有隣寺住職)による節談説教がございます。

この節談説教とは、高座での説教を指します。

そして、節とは言葉の長さ、速さ、間。語り全てが節です。

そして、説教は阿弥陀様のお取り次ぎです。

そのため、高座に座布団を用いることはなく、拍手ではなく念仏が生まれます。

つきましては、本堂にご参詣いただき、亡き人からの願いを聞き開いていただきたく思います。

ご多用中とは存じますが、どなた様もご自由にご参加できますので、

ご家族・知友、お誘い合わせの上お気軽にご参加ください。

住職 合掌

【祖父江 佳乃氏(名古屋教区・有隣寺住職)】

節談説教の名手、故・祖父江省念氏を祖父に持つ
愛知県名古屋市の真宗大谷派有隣寺住職。
祖父江佳乃住職の説教の特徴は、女性にスポットを当てること。
親鸞聖人の母や、妻の恵信尼の心情が細やかに語られる。
 
yjimage