来る11月18日(金)の午後2時より、定例聞法会である「同朋の会」を行います。

先ず「正信偈」を共に唱和し、

親鸞聖人のお言葉や、念仏に生きられた方々の教えを聞法いたします。

次に、日常における「仏事」に関する問いを、

「真宗門徒」として、どのように受け止めていけば良いのか、共に座談したいと思います。

最後に、『まんが 宗祖 親鸞聖人』(難波別院発行)を用い、

今回からは第2巻(逆縁教興編)に入り、

第13話「興福寺の奏状」・第14話「信心争論」を読み、

当時の法然門下の信心の受けとめ方を考えていきたいと思います。

テキストはお寺で用意しております。

皆さま、ぜひお気軽にご参加くださいますよう、宜しくお願い致します。

合掌


去る11月1日(火)午後2時より、当寺報恩講の「結願日中」が勤まりました。

結願日中の勤行は、先ず伽陀(仏徳讃嘆)の後、住職として「報恩講」に対する想いを尊前にて「表白」させていただきました。

そして、正信偈(草四句目下)と念仏(淘五)と和讃「三朝浄土の大師等」をご門徒と一緒に「唱和」いたしました。

「如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし 師主知識の恩徳も 骨をくだきても謝すべし」(『恩徳讃』)という、

親鸞聖人の一生をかけて表白された「御和讃」を改めて、そのお意をいただき直しました。

最後に、「御俗姓」御文を拝読し、宗祖・親鸞聖人のご遺徳を偲ばせていただきました。

 

法要後のご法話は、松井 聰氏(門真市・心願寺住職)によるご法話をいただきました。

「ただ念仏のみぞまこと」とう講題のもと、「念仏」とは、「真実」とはと懇切丁寧にお話しくださいました。

私たちの「日頃の心」や「煩悩具足の凡夫」の在り方などを身近な表現で気づかせていただき、 ご門徒も深く頷いている姿がとても印象的でした。

「ただ念仏して、弥陀にたすけられまいすべし」と法然上人からいただかれた言葉から展開され、

「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」(『歎異抄』)

の意義へと「お念仏の教え」を深めてくださいました。

本当に人間の物差しには、どこまでも自己関心(無明)から抜け出すことが出来ず、

阿弥陀如来の眼(智慧の光)によって初めて「真実」ということが顕かにされるのだと教えられました。

 

お蔭様をもちまして、この正圓寺の住職として五年目の「報恩講」を迎えさせていただきました。

常にご門徒の皆さまの支えによってお寺が「護持・相続」され、 ご門徒一人ひとりの「念仏の教え」を大切にする心が「報恩講」を創り上げていくのだなと、感動いたしました。

これからも「知恩報徳」「報恩謝徳」の生活を大切に、一人でも多くの方がこの本堂にご参詣いただけるように、

日々の「布教活動」に努めていかなければと心新たにした「報恩講」となりました。

ご協力・ご参詣いただきました皆様、誠に有り難うございました。 住職 合掌

 

IMG_3818

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪ご法話:松井 聰 氏≫


去る11月1日(火)午前11時より、当寺の「報恩講」結願逮夜が勤まりました。

勤行は、正信偈(真四句目下)、念仏讃(淘五)、和讃「五十六億七千萬」といつもよりお勤めが重くなりましたが、

参詣者と共に、声高らかに宗祖のお言葉をいただき「同朋唱和」することができました。

後に「大坂建立」の御文が拝読され、ご門徒一人ひとりが「信心獲得」してほしいという

親鸞聖人・蓮如上人の願いを拝聴させていただきました。

 

午前法要後の法話には、新保宗証氏(北海道教区・不退寺副住職)よりご法話をいただきました。

報恩講の「勤行」の意味や本堂の「お荘厳」などの大切さを通して、

阿弥陀仏の願いが、「形(南無阿弥陀仏)」となって私たちまで届いてくださっているのだと、力説してくださいました。

 

「結願逮夜」終了後は、本堂で婦人会の手作りの「お斎(おとき・食事)」をいただきました。

今年度は、大根煮とさつまいもご飯を、真心の込めて作ってくださいました。

美味しい「お斎」と共に、皆さんと歓談し、とても有意義な時間をいただきました。

「お斎」を通して、様々な会話が生まれる「場」こそ、「報恩講」の醍醐味であると感じました。

午前中からも多くのご参詣を賜り、丁寧に「結願逮夜」を勤め終えることが出来ました。

合掌IMG_3783

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪新保 宗証 氏のご法話≫

≪お斎(昼食)の様子≫

IMG_3799