2018年5月13日(日)「永代経法要 兼 門信徒追弔法会」勤修いたします‼

2018年5月9日

来る 5月13日(日)午後2時より、2018年(平成30年)度の「永代経法要」を勤修いたします。

また「門信徒追弔法会」も兼ねてお勤めいたしますので、ぜひ本堂にお参りください。

本年度のご法話講師は、平原 晃宗 氏(京都府・正蓮寺住職)をお迎えし、

「永代経法要」を荘厳させていただきたいと思います。

浄土真宗(真宗大谷派)における「永代経法要」とは、

先立っていかれた大切な亡き人を偲びつつ、

今を生きる私たちが、「お念仏の教え」を聴聞して、「仏法」に出遇わせていただく大切な仏事なのです。

そして「本願念仏の教え」が説かれた『浄土三部経』を、

永き世に渡って次世代へと手渡し、代々伝えていくことが大切な意義となります。

つまり、阿弥陀如来の根本なる願い(本願)を聞き開き、

連綿と伝承されてきた「本願念仏」を相続していくことがこの法要の「要」となります。

このように、私たちは亡き方々を「諸仏」としていただき直し、これを大切な「仏縁」とし、

今、遇い難き仏法に出遇い、この私一人が「念仏者」になることが、深く願われているのです。

万障お繰り合わせの上、是非とも本堂にご参詣・ご聴聞くださいますようお願い申し上げます。

合掌

IMG_4120


カテゴリ
アーカイブ