去る11月1日(金)、当山正圓寺における「報恩講」が厳修されました。

午後の部である、結願日中をご報告いたします。

変則ではありますが、拙寺住職による「表白」にて、この度の「報恩講」の想いや誓いを述べさせていただきました。

道俗(僧侶もご門徒)共々に

「如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし 師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし」(『恩徳讃』)と、

それぞれの「信心」を確かめ合いました。

そして、結願日中のご法話の講師は、越本 達了氏(東成区・専光寺ご住職)によってご教導されました。

「呼びかけを聞く! “浄土を真の宗としていきよ”」という講題のもと、ご法話をいただきました。

狭い参詣席を埋め尽くすご門徒を前に、浄土を真実なる依りどころとする生活の大切さを

笑いを織り交ぜ、脱線しつつも(笑)、熱く「真宗」を語っていただきました。

講師のご法話に小生も感動しながら、「報恩講」の大切な意義を改めて確認させていただきました。

本当に講師との出遇いとご縁の不思議さを実感しながら、本年度の「報恩講」を無事に終えることができました。

おみがきや準備やお給仕等、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

またお忙しい中、ご参詣いただきましたご門徒の皆さま、ありがとうございました。

来年度の「報恩講」に向け、新たな歩みを始めて参りますので、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

正圓寺 住職 藤岡照也

 《講師:越本 達了氏》

IMG_1018 IMG_1016

 

 


去る11月1日(金)、当山正圓寺における宗祖・親鸞聖人「報恩講」が厳修されました。

秋らしい風が香る中、午前・午後共に、多くのご門徒のご参詣を賜りました。

先ずは、結願逮夜である午前の部から、ご報告いたします。

声高らかに『正信偈』をお勤めさせていただき、午前のご法話をいただきました。

午前中のご法話は、義弟にあたる新保 宗証(北海道苫小牧市・不退寺副住職)氏でした。

緊張の中、仏・法・僧の「三帰依」を大切にする意義を中心にお話しいただきました。

法話後、ご門徒による手作りのお斎(とき)である一汁三菜を美味しくいただきました。

食前のことば「み光のもと われ今さいわいに この浄き食をうく いただきます」

皆で唱和し、座談を交え、報恩講の醍醐味をしっかりと味わいました。

食後のことば「われ今 この浄き食を終わりて 心ゆたかに力身にみつ ごちそうさま」

 《新保 宗証氏》     《御絵伝前 佛華》

IMG_0978 IMG_1037

 


IMG_0327  本年も、11月1日金曜日、当寺における宗祖親鸞聖人の「報恩講」をお迎えいたします。

この「報恩講」は私ども真宗門徒にとって最も大切な「御仏事」です。「お念仏の教え」つまり「南無阿弥陀仏のいわれ」を聴聞し、「知恩報徳の生活」を賜ることです。

ご恩を知らされ、その徳に報いる日々をいただくことによって、初めて自己のいのちのふかさや尊さに頭が下がってくるのだと思います。

 「如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし 師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし」(恩徳讃)

いつも常にこの「恩徳讃」を唱和し、改めて自己を問い質していくのです。

私にとって、「如来大悲」とは「師主知識」とは何であるのか?「身を粉にし」「骨を砕く」程のご恩を知り、報謝の生活をしているのであろうか?

如来のはたらきによって、私自身が常に問われていることなのです。そして、如来の願いに背いているわが身が照らされているのです。

この「報恩講」を通して、念仏とは?自己とは?一体どのようなことなのか? 今一度、足元を見つめ直し、「知恩報徳の生活」との出遇いをいただいて参りましょう。

  平成25年11月1日(金) 真宗大谷派 功徳山 正圓寺 報恩講 厳修

◆結願逮夜  午前11時御始め  【法話】新保 宗証(不退寺副住職)

*お昼に、お斎(昼食)がございますので、ごゆっくりご歓談ください。

◆結願日中  午後2時御始め  【法話】越本 達了氏(專光寺住職)

何かとお忙しい中とは存じますが、皆さまお誘い合わせの上、ぜひともご参詣いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 合 掌

 

 

 

 


去る10月18日(金)午前10時より、当寺本堂において、仏具のお磨きが行われました。

当日は秋晴れに恵まれ、朝早くから多くのご門徒さんのご奉仕をいただきました。

仏具のおみがきが初めての方もいらっしゃいましたが、手順の説明をすると

すぐに慣れ、次々と丁寧にお磨きしてくださいました。

当寺では、研磨液を用い汚れを落とし、そして布巾等で液を拭き取ります。

最後の仕上げとして、新聞紙で丁寧に重ね拭きをして、ピカピカに磨きます。

本当にお磨きされた真鍮の仏具を見ると清々しい気持ちになります。

お手伝い・ご奉仕いただいた方々、誠にありがとうございました。

また、おみがき後のお斎(カレーライス)もみんなで美味しくいただきました。

来る報恩講(11月1日厳修)に向け、心新たに本堂を荘厳し、

真宗門徒にとって最も大切な「御仏事」をお迎えしたいと思います。

今後とも、ご門徒皆様のご協力・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。 住 職

  《10月18日のおみがき(清浄会)の様子》

 

IMG_0934


もうすぐ当寺の報恩講(11月1日)を迎えます。報恩講の仏事には、「お斎(とき)」があります。

この「お斎(とき)」とは、地元各地のご門徒の方々が、大根や蓮根、椎茸などの食材を持ち寄り、

みんなで協力し食事を作り、いただいたことに由来します。

「お斎(とき)」の基本的な献立は、「一汁三菜」であり、それぞれのお寺によっていろんな工夫がこらされています。

報恩講を迎え、「お念仏の教え」に出遇えた歓びを分かち合い、語り合う「場」を大切に育んできたといえます。

正圓寺の報恩講においても「お斎(とき)」(=昼食)のご用意がございますので、一度、ご賞味ください。

また前日・当日、「お斎(とき)」の準備がございますので、皆さまのご協力・お手伝いのほど、

心よりお待ちしております。よろしくお願い申し上げます。  住 職


本日(10月1日)は大阪でも30℃を超え…衣更えの時季とは思えない暑さでした。

しかし朝晩は、すっかり秋らしさが感じられ、過ごしやすくなってきました。

さて秋のお彼岸会法要も終え、今年度の報恩講(11月1日)を迎えるにあたり、

本堂の仏具(花瓶・鶴亀燭台・輪灯など)のお磨きを皆さまと共に行いたいと思います。

手袋・ふきん・新聞紙・磨き粉などはお寺で準備しておりますので、動きやすい服装と前掛け(エプロン)を持参ください。

何事につけても、本番を迎えるまでの準備が一番大事であり、さまざまな気配りが必要となってきます。

「報恩講に始まり、報恩講に終わる」というように、真宗門徒にとって最も大切な「御仏事」です。

誰のためでもなく、この私一人のためにおこされた「本願」を聞き尋ねていきたいものです。

そしてこの「おみがき」を通して、わが心もしっかりと磨きをかけ、心身とも清らかにしてきましょう。

初めての方、大歓迎です。皆さまのご奉仕・ご協力、心よりお願いいたします。

仏具のおみがきと簡単な清掃の後には、お斎(昼食)の「正圓寺特製カレー」のご用意もございますので、

奮ってご参加のほど、お願いいたします。

DSC05131

   《昨年度(平成24年度)のおみがき(清浄会)の様子です》


IMG_0734IMG_0720

平成25年9月21日(土)秋の彼岸会法要が滞りなく勤められました。「暑さ寒さも彼岸まで」とは云いますが、当日も30度越えのまだまだ暑い日でしたので、本堂にはクーラーが必要でした。 まず法要にて、仏説である『御経』をいただき、それから共に『正信偈』を唱和いたしました。 後に、木村英淳氏(玉泉寺ご住職)のご法話が行われました。 日頃感じておられる身近な疑問点や頂戴事を、分かり易く丁寧にお話をいただきました。 あっという間の2時間でしたが、非常に充実した法要となりました。 多くのご門徒のご参詣、またご志納くださった方々、誠にありがとうございました。 また11月1日(金)の報恩講を迎えるにあたり、多くのご門徒の方々のご参詣を願い、自らしかっりと聴聞し「念仏」の歩みを深めていく所存です。


今年度の秋の彼岸会法要が、9月21日(土)午後2時より、正圓寺の本堂にて勤まります。

ご法話は、木村英淳氏(玉泉寺ご住職)です。

今年は9月20日(金)が彼岸初日、23日(月)が彼岸中日(秋分の日)、26日(木)が彼岸結願となります。

この彼岸会とは、「仏法聴聞」の大切な期間であります。

私たちが「聞法」により、浄土(彼岸)を明らかにし、浄土への道を歩もうと勤める法要です。

亡き人を偲ぶとともに、「念仏往生の道」を聞き開く仏教行事です。

ぜひ、本堂にお参りくださりますようお願い申し上げます。

住職 合掌


 

sample

正圓寺Webサイトができました。


カテゴリ
アーカイブ