浄土真宗(親鸞聖人)の教え

浄土真宗(親鸞聖人)の教え

浄土真宗(親鸞聖人)の教え

浄土真宗(親鸞聖人)の教え

本尊 阿弥陀如来(あみだにょらい)

本尊 阿弥陀如来(あみだにょらい)

浄土真宗(真宗大谷派)のご本尊は、
「阿弥陀如来」です。
「阿弥陀如来の本願」を信じ、一心一向に「念仏」を申す者は、必ず救済すると誓われた仏さまです。
その智慧と慈悲のはたらきが、尊い姿となって表れ、「南無阿弥陀仏」という言葉にまでなってくださっています。

本尊 阿弥陀如来(あみだにょらい)

正依の経典

正依の経典

浄土真宗(真宗大谷派)の依りどころとする経典は、「浄土三部経」です。この「浄土三部経」とは、『仏説無量寿経』・『仏説観無量寿経』・『仏説阿弥陀経』の「お経」を指します。
これらの経典には、阿弥陀如来が誓われた「念仏往生」によって、
一切衆生が等しく救われる道が説かれています。

正依の経典

宗祖 親鸞聖人(しんらんしょうにん)

宗祖 親鸞聖人

宗祖である親鸞聖人は、9歳で出家得度され、比叡山での修学を経て、
29歳の時、法然上人と出遇われました。
「ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべし」(『歎異抄』)という「よきひと」法然上人の仰せにうなずかれ、親鸞一人が救われるべき道である「本願念仏の教え」に帰依されたのです。
そして、自己というものを徹底して深く見つめ、「煩悩具足の凡夫」が共に生きる世界に目覚められました。
それが、「御同朋・御同行(おんどうぼう・おんどうぎょう)」という精神であり、すべての人びとを同じ「いのち」を生きる人間として見出された、「宿業」の身の自覚なのです。
1262年(弘長2年)11月28日、ついに念仏の息絶え、お浄土に還帰されました。
その90年というご生涯は、「愚禿釈親鸞(ぐとくしゃくしんらん)」という一人の沙弥として生き、
「ただ念仏」に生きられた「求道者」でありました。

親鸞聖人

宗祖の主著

宗祖の主著

『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』とは、親鸞聖人が著された浄土真宗の「根本聖典」です。
救主・阿弥陀如来、教主・釈迦牟尼如来の「二尊の教え」に信順し、
そして、三国七高僧(龍樹菩薩・天親菩薩・曇鸞大師・道綽禅師・善導大師・源信僧都・源空上人)によって伝承された「本願念仏」こそが、「真実の仏道」であることを顕かにされた書物なのです。
この『教行信証』の「行巻」の末に、私たち真宗門徒が親しんでいる
『正信念仏偈(正信偈)』が収められています。

正信偈

「帰命無量寿如来(無量寿如来に帰命し)
南無不可思議光(不可思議光に南無したてまつる)」(『正信偈』)

宗派名 真宗大谷派

宗派名 真宗大谷派

宗派名は、「真宗大谷派」です。
浄土真宗には十派の教団があり、その中のひとつです。
通称、東本願寺と呼ばれるが、1881年(明治14年)に正式に「真宗大谷派」と改称します。
これは、「浄土」を「真実」の依りどころ(宗)とする教えであり、苦悩に生きる凡夫の依るべき「仏道」であることの宣言なのです。

本山 真宗本廟(東本願寺)

本山 真宗本廟(東本願寺)

私たち真宗門徒のご本山の正式名称は、
「真宗本廟(しんしゅうほんびょう)」といいます。

真宗本廟 所在地
〒600-8505 京都市下京区烏丸七条上ル
TEL(代表)075-371-9181
公式ホームページ 
http://www.higashihonganji.or.jp/

真宗大谷派(東本願寺)