法事(年忌法要)・帰敬式(法名授与)

法事(年忌法要)・帰敬式(法名授与)

法事(年忌法要)・帰敬式(法名授与)

法事(年忌法要)・帰敬式(法名授与)

法事(年忌法要)について

法事(年忌法要)について

法事とは、年回忌によって定められている「年忌法要」のことです。亡き人を偲びつつ、悩み多き私たちが真実の依りどころである「本願念仏の教え」に出遇わしていただく大切な「場」です。
「諸仏」である亡き人のご遺徳を尋ねることを通して、有縁の方々と共に、お釈迦さまの教説である『お経』をいただき、今一度、亡き人と出遇い直していくことが大切な意義となります。
そして、「今、いのちがあなたを生きている」という深い「いのち」の存在に目覚めていくことが願われているのです。

(仏華)

「前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え、
連続無窮にして、願わくは休止せざらしめんと欲す」(『安楽集』)

【平成30年(2018年) 年忌年回表】

年忌法要 年回にあたる命終年
1周忌 平成29年(2017年)
3回忌 平成28年(2016年)
7回忌 平成24年(2012年)
13回忌 平成18年(2006年)
17回忌 平成14年(2002年)
〈23回忌〉 〈平成8年(1996年)〉
25回忌 平成6年(1994年)
〈27回忌〉 〈平成4年(1992年)〉
33回忌 昭和61年(1986年)
50回忌 昭和44年(1969年)

※寺院や地域によっては、〈 〉内やそれ以外の年忌法要を
 勤める場合もあります。詳しくはお寺までお問い合わせください。

なお、正圓寺の本堂においても、
「法事」ならびに「葬儀」を勤めることができます。
1名~40名位まで可能であり、
「椅子席」にてご用意しておりますのでご安心ください。
また法要後のお斎(会食)も本堂で行っていただけます。

(参詣席)

電車での最寄りの駅は、地下鉄御堂筋線「西田辺駅」・谷町線「駒川中野駅」より、徒歩10分です。
またはJR阪和線「鶴ヶ丘駅」・「南田辺駅」より、徒歩10分です。
車でお越しの場合は、阪神高速14号線松原線
駒川インターチェンジより、3分です。
駐車場もございますので、ぜひお気軽にご利用ください。また近隣に有料駐車場(コインパーキング)もございます。
詳しくは、アクセス(地図)のページをご覧ください。

帰敬式(ききょうしき)について

帰敬式(ききょうしき)について

帰敬式とは、昔から「おかみそり(剃刀)」と言い、仏弟子として生きることを誓う儀式です。
そしてお釈迦さまの教説を依りどころ(宗)とし、仏弟子の名のりとしていただくのが「法名」です。

帰敬式

この帰敬式を受け、法名を授かると、「釋(しゃく)」の字が冠せられた二字の法名を賜ります。ここに、私一人が「念仏者」として、「仏・法・僧」の三宝に帰依する生活が始まるのです。
「法名」は、亡くなってからの名前ではなく、本来は生前に帰敬式を受け、自己を中心とした生き方から「ご本尊(南無阿弥陀仏)」を中心とする生活を始めることが大切となります。
「ただ念仏」に生きる「御同朋・御同行(おんどうぼう・おんどうぎょう)」の真宗門徒の一人として、帰敬式を受け、法名を授かりましょう。

*懇志金 1万円(記念品含む)

「自ら仏に帰依し奉る。自ら法に帰依し奉る。自ら僧に帰依し奉る」
(『三帰依文』)

お電話でのお問い合わせ